オーストラリア大使館東京

This site looks simple because you don't have a Web Standards compliant Web Browser. You can't see the site design, but all of our content is still available. Please enjoy your stay and consider upgrading your browser to view our full site design.

住所: 108-8361 東京都 港区三田 2-1-14 - 電話番号: 03-5232-4111

関税部

在日オーストラリア大使館 関税部は2009 年に閉鎖いたしました。関税等に関するご質問は、オーストラリア国内の移民国境警備省(The Department of Immigration and Border Protection)へ直接お問合せください。




オーストラリア国内への持込品

オーストラリア国内への持込可否等については、こちらのページをご参照下さい。さらにご不明な場合、こちらにお問い合わせ下さい(英語のみ)。在日オーストラリア大使館では医薬品の持ち込みに関するご質問やご相談に応じることはできません。

トップへ戻る


お酒・タバコ・一般財の免税枠

免税枠のご案内 (PDF)をご参照ください。または、お酒・アルコールタバコ一般財もご参照いただけます(英語)。

さらにご不明な場合、こちらにお問い合わせ下さい(英語のみ)。在日オーストラリア大使館ではご質問やご相談は応じていません。

トップへ戻る


旅行者返金プログラム(TRS)

旅行者返金プログラム(TRS)は、オーストラリアまたは国外からの旅行者が、オーストラリア国内で購入した物品をオーストラリア国外に手荷物として持ち出す際に、物品サービス税(GST)とワイン同等化税(WET)の返金を要求することができる制度です。

TRSで返金を受け取るためには、オーストラリア出国時にTRS事務局で手続きを済ませる必要があります。在日オーストラリア大使館では、TRSの手続きはできませんのでご注意ください。詳細につきましては、オーストラリア税関・国境警備局発行の『旅行者への税金の返還』パンフレット(日本語)をご確認ください。

Tourist Refund Scheme   http://www.border.gov.au/Trav/Ente/Tour/
トップへ戻る


現金の持ち込み/持ち出し

オーストラリアに持ち込む(持ち出す)現金の額に制限はありませんが、10,000豪ドル以上に相当する金額を持ち込む(持ち出す)場合には、到着(出国)時に申告が必要となります。詳細については AUSTRACに直接お問い合わせください。

トップへ戻る


医薬品の持ちこみ

市販薬の持込につきまして、「Travelling with Medicines(PDF)」「Bringing medicine into Australia」「Entering Australia」をご参照下さい。処方された医薬品の場合、個人的使用であることが書かれた処方箋(英表記)もしくはお医者様からの英文診断書を持参し、入国時にご申告することが必要です。持ち込み可能な薬の分量は最大3ヶ月服用分です。なお、ご質問はオーストラリア国内の保健省薬品・医薬品行政局(Therapeutic Goods Administration)までご連絡ください。在日オーストラリア大使館ではご質問やご相談、翻訳のサービスは提供しておりません。

トップへ戻る


車の持ち込み

車の持ち込みに関しては、輸入許可証を得る必要があります。詳細については、Importing Vehicles into AustraliaImporting Vehicles into Australiaをご確認ください。

トップへ戻る