オーストラリア大使館東京

This site looks simple because you don't have a Web Standards compliant Web Browser. You can't see the site design, but all of our content is still available. Please enjoy your stay and consider upgrading your browser to view our full site design.

住所: 108-8361 東京都 港区三田 2-1-14 - 電話番号: 03-5232-4111

学生ビザ

eVisa (インターネット申請)

日本国籍を含むアセスメントレベル1に該当する場合は、インターネットから申請をしてください。Confirmation of Enrolment (COE) は、申請前に受入れ教育機関から入手してください。

インターネット申請のみ、申請料金の支払いはクレジットカードのみとなります。

主申請者が18歳未満の場合、あるいは申請に扶養家族を含む場合は、18歳未満の申請をご覧ください。

健康診断は、必ず申請後に申請者の姓名・生年月日・パスポート番号・Transaction Reference Number (TRN) が印字された用紙をインターネットからダウンロード、印刷されたものを使用して、指定病院にて受診してください。

指定病院のリスト: http://www.immi.gov.au/contacts/panel-doctors/j.htm

eVisa対象外のみ

学生ビザ申請に必要書類は概ね以下のとおりです。

なお、学生ビザ申請者(または学生ビザ保持者)のアセスメントレベル、個々の申請者の事情などにより、下記以外の書類が必要となりますので、オーストラリア政府移民多ウェブサイトに記載されている情報をご覧の上、申請条件を満たすかどうかを判断してからビザ申請を行ってください。

  1. "Form 157A"
  2. 申請料金
  3. Confirmation of Enrolment (COE) (アセスメントレベル1、2)またはLetter of offer (アセスメントレベル3以上)。正規高校交換留学の場合は、Acceptance Advice of Secondary Exchange Student (AASES)。
  4. 戸籍謄本とその英訳(プロの翻訳会社によるもの)- 日本国籍以外の方は、出生・親権・婚姻関係が確認できる法的書類とその英訳をご提出下さい。
  5. 18歳未満の申請者の場合は、親権者のパスポート原本

    親権者のパスポートについては、顔写真および署名があるページのコピー1部と一緒に原本を申請時に送付してください。パスポート原本が提出できない場合は、オーストラリア領事館にてパスポートの認証コピーの手続きを行ってください。パスポートを所持していない場合は、顔写真入りの公的な身分証明書(免許証など)とクレジットカードなど署名が確認できる書類をもって在日オーストラリア領事部で認証コピーの手続きを行った上で、認証コピーをご提出ください。

    注意 在日オーストラリア領事館の認証印のないものは無効です。

    認証コピーとは、資格のある人物が書類の原本とそのコピーが相違ない旨を確認した上でコピーを認証することで、日本の場合、在日オーストラリア領事部でのみ手続きが可能です。

    手続きは有料です。手続き方法および手数料は事前に領事部とご確認ください。

  6. 資金証明

    申請に必要な資金証明については、http://www.immi.gov.au/students/students/chooser/でご覧ください。

  7. Overseas Student Health Cover (OSHC)の加入証明

    ビザの期間分(オーストラリア到着日から少なくともコース終了日プラス1ヶ月)の加入が必要です。

  8. 健康診断
  9. パスポート
  10. 住所・名前を明記した返信用封筒2枚
  11. パスポート返送用の書留郵便料金(郵便局で料金を確認の上、申請料金の郵便為替の中に含めてください)

健康診断

健康診断は、申請前には受診できません。審査開始後にこちらからご案内します。

注意事項

  • 申請書類は書留郵便で送付してください。
  • 学生ビザ申請者および保持者がアセスメントレベル1および2の方は、パスポートは健康診断受診後に原本を送付いただきますので、申請時にはコピーを同封してください。健康診断を既に受診されている場合は、申請時にパスポート原本といつ・どこの指定病院で受診したかを記入したメモを同封してください。
  • 英語で作成されていない書類(戸籍謄本など)は、全てプロの翻訳者による英訳と一緒にご提出ください。日本では特に指定の翻訳者および会社はありませんが、必ずプロの翻訳者に依頼し、その証明を添付してください。翻訳者および翻訳会社については、電話帳およびインターネットなどからお探しください。
  • 申請書およびその他の書類には、必ずパスポートおよびクレジットカードと同じ署名をしてください。
Last updated on24/04/2013 18:21